3月13日(土)・14日(日)「新型コロナ休業支援金労働相談ホットライン」を開催します!

 2021年2月26日、大企業非正規労働者への休業支援金申請も始まり、パートやアルバイトなどシフト制で働く多くの非正規雇用の方が対象となりました。

 しかし、制度自体の周知が進んでおらず、また、制度を知っているけど申請方法が分からないといった相談や、自身が対象になるか分からないなどの相談が寄せられています。

そこで、首都圏青年ユニオンおよび飲食店ユニオンでは、休業支援金の活用・申請について支援することで休業支援金利用を広げていくため、3月13日10時~17時と3月14日10時~17時に「新型コロナ休業支援金労働相談ホットライン」を開催します。


 「そもそも休業支援金って何?」という問い合わせや、「会社から休業手当が支払われていないけど対象になるのか?」などの相談にもお答えします。また、シフトが減らされてしまった方や、勤務時間が減って給与減になった方なども対象になる可能性がありますので、ぜひご相談ください。


 ユニオンではこの間、休業支援金の相談を受け付け、申請のサポートをしてきました。

申請方法が分からない方に申請方法を案内し受給できた事例や、企業との交渉によって円滑な休業支援金利用を実現した事例が複数あります。また過去に一度不支給決定を受けた方でも、ユニオンがサポートし支給に至ったケースもあります。


 ぜひお気軽にご相談ください。相談料は無料、秘密厳守です。


【新型コロナ休業支援金労働相談ホットライン】

日時:3月13日(土)10:00~17:00、3月14日(日)10:00~17:00

電話番号:03-5395-5359

主催:首都圏青年ユニオン・飲食店ユニオン

*相談無料・秘密厳守

最新記事

すべて表示

声明:東京地方裁判所に係属中の(原告・組合員Hさん、被告(株)アシックス)について、2021年3月29日、東京地方裁判所にて和解が成立しました。

これまでのご支援に感謝致します。 本件和解に当たり、原告及び組合のコメントは次のとおりです。 原告は、被告勤務中に育児休業を取得し、男性でも子育てと職業生活を両立できることを目指していたが、それに関する困難があると原告は感じたことから、本件を提起した。今般、原告は、被告が、今後も関係法令を踏まえて育児休業を取得しやすい職場環境の整備に努める旨を表明したことを受け、東京公務公共一般労働組合(首都圏青

unionlogo-kihon2.png
「首都圏青年ユニオンを支える会」に入会しませんか?

低所得労働者を組合員とするため組合費収入が不十分になりがちな青年ユニオンは「支える会」からの財政支援に支えられています。「青年ユニオンの活動を応援したい」という方、ぜひ入会をご検討下さい。会費は1口年間6000円です。

〒170-0005

東京都豊島区南大塚2-33-10

東京労働会館5F 公共一般労組内

E-mail union@seinen-u.org

TEL 03-5395-5359

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

©首都圏青年ユニオン All Rights Reserved