top of page

スタバユニオン結成!~労働相談フォームから相談募集中~


11月29日に、ユニオン内に「スターバックスユニオンジャパン」を結成したことを、記者会見にて発表しました。



スタバで働くバリスタやチャレンジパートナー(障がい者雇用)が中心となり、組合を結成し、会社と労働条件や職場環境について、団体交渉を行っています。


主な要求は、賃金の引き上げです。みなさんもよくご存じだと思いますが、スタバには多くのお客さんが訪れます。そのため、従業員はどのポジションにいても過密な業務を行っています。しかし、時給は最低賃金に近く、バリスタの学生アルバイト組合員は時給1170円、チャレンジパートナーは時給1135円で働いています。組合員たちは、この賃金は仕事に見合っていないと考えています。


しかし、会社は団体交渉で、仕事に対して十分な賃金を支払っている旨回答しています。これは、働いている人たちの実感と大きくずれているのではないでしょうか。スタバの根幹を支えているのは店舗労働者たちです。正当な待遇を実現するには、もっと多くの声が必要です。是非ユニオンに声をお寄せください。


労働相談フォーム


なお、要求は多岐にわたります。レジに椅子を置いてほしい、休憩スペースを広げてほしい(実現しました!)、働くときの服装を自由化してほしい、留学時の休職制度をつくってほしいなどなど、様々です。多くの人が安心して働ける職場を作っていきましょう。スタバでの改善は飲食業界全体の改善につながります。



最新記事

すべて表示

日本語教師の訴訟の和解が成立

当組合が関与しておりました、語学教育を行っている会社(東京都渋谷区)と組合員(日本語教師)の労使紛争について、組合員が労働者性等をめぐって(会社を提訴し、)裁判を行っておりました。1年半の審議を経て、この度、裁判所からの和解の勧めを受け、本人の納得いく形での和解が成立しましたので報告いたします。ご支援をありがとうございました。

TCL社パワハラ・休職期間満了雇用打切り事件の東京地裁判決を歓迎するとともにTCL社に対し控訴断念と速やかな謝罪及び全体解決を求める声明

TCL社パワハラ・休職期間満了雇用打切り事件の東京地裁判決を歓迎するとともにTCL社に対し控訴断念と速やかな謝罪及び全体解決を求める声明 2023年12月17日 東京公務公共一般労働組合青年一般支部(首都圏青年ユニオン) 同ユニオン顧問弁護団 1,2023年12月7日、東京地裁民事第19部(小原一人裁判長ほか)は、TCL社パワハラ・休職期間満了雇用打切り事件(以下、「本件」という。)において、判決

Opmerkingen


bottom of page