ラーメン店一風堂に休業手当を求める

「飲食店ユニオン」は、2021年1月13日記者会見を開き、大手ラーメンチェーン「一風堂」の運営会社に対して休業手当の支払いを求めて団体交渉を申し入れました。

昨年4月から大企業の非正規労働者で休業補償されないという相談は尽きません。今回の時短要請下でも、無補償シフトカットが行われています。

特に飲食は8割が非正規。非正規労働者が業界を支え、社会を支えています。補償はあって然るべきです。 「一風堂」は全アルバイトに休業補償を行うべきです。

雇用調整助成金による助成率は、大企業飲食も100%に引き上げられました。しかし、一風堂のように、「シフトが未確定だった分はそもそも休業扱いにならない」などと言って休業手当を払わない企業があとを絶ちません。

また、労働者が直接申請できる「休業支援金」は、大企業労働者が対象外とされています。

飲食店ユニオンでは、会社に支払いを求めると同時に、非正規労働者にも休業補償が届くよう、厚労省にも制度拡張を要請しています。


<報道>いずれも2021年1月13日付

・弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/c_5/n_12324/

・NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210113/k10012812131000.html

・朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASP1F5SVGP1FULFA00B.html

・テレ朝ニュース

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000203956.html


写真はテレ朝ニュースより


最新記事

すべて表示

休業支援金ホットライン報告

1.制度は拡充されているものの… 2月26日に、青年ユニオンの運動によって休業支援金の対象が大企業労働者にも拡大されました。しかし、制度周知の不足や申請手続きの煩雑さが原因で、予算に対する執行率は14.7%と非常に低くとどまっています。拡充に伴い相談も増えてきていたため、制度の申請促進と実態集めを狙いとして、3月13日-14日に「休業支援金相談ホットライン」を行いました。 2.ホットラインの結果

声明:東京地方裁判所に係属中の(原告・組合員Hさん、被告(株)アシックス)について、2021年3月29日、東京地方裁判所にて和解が成立しました。

これまでのご支援に感謝致します。 本件和解に当たり、原告及び組合のコメントは次のとおりです。 原告は、被告勤務中に育児休業を取得し、男性でも子育てと職業生活を両立できることを目指していたが、それに関する困難があると原告は感じたことから、本件を提起した。今般、原告は、被告が、今後も関係法令を踏まえて育児休業を取得しやすい職場環境の整備に努める旨を表明したことを受け、東京公務公共一般労働組合(首都圏青