ラーメン店一風堂に休業手当を求める

「飲食店ユニオン」は、2021年1月13日記者会見を開き、大手ラーメンチェーン「一風堂」の運営会社に対して休業手当の支払いを求めて団体交渉を申し入れました。

昨年4月から大企業の非正規労働者で休業補償されないという相談は尽きません。今回の時短要請下でも、無補償シフトカットが行われています。

特に飲食は8割が非正規。非正規労働者が業界を支え、社会を支えています。補償はあって然るべきです。 「一風堂」は全アルバイトに休業補償を行うべきです。

雇用調整助成金による助成率は、大企業飲食も100%に引き上げられました。しかし、一風堂のように、「シフトが未確定だった分はそもそも休業扱いにならない」などと言って休業手当を払わない企業があとを絶ちません。

また、労働者が直接申請できる「休業支援金」は、大企業労働者が対象外とされています。

飲食店ユニオンでは、会社に支払いを求めると同時に、非正規労働者にも休業補償が届くよう、厚労省にも制度拡張を要請しています。


<報道>いずれも2021年1月13日付

・弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/c_5/n_12324/

・NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210113/k10012812131000.html

・朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASP1F5SVGP1FULFA00B.html

・テレ朝ニュース

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000203956.html


写真はテレ朝ニュースより


最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス禍の休校・休園等や子どものコロナ感染等に伴う子育て負担の増大に悩む労働者の方々へ

長引くコロナ禍で、子どもの通う学校や保育園などの施設の休校・休園や、子どものコロナ感染・濃厚接触者認定等で子育て負担が増大するなか、多くの労働者が、子育てと仕事の狭間で不安に直面していると思います。 ユニオンでは、コロナ禍で仕事と育児の狭間で悩む労働者への支援を行っています。また、賃金補償や助成金制度の活用を求め、会社との交渉も行っています。 ユニオンを通して出来る事として、例えば下記のような例が

派遣をモノ同然に返品する楽天モバイルとアデコ のとんでも雇い止め理由!大企業2社の醜い罪のなすりつけ合い。

組合員は大手派遣会社アデコ株式会社 の登録型派遣として楽天モバイル株式会社購買部へ派遣されて1年と半年を迎えようとしていた2021年2月、アデコより 3月で雇い止めとの通知を受けました。雇い止めの理由にコニュニケーションの問題とルール逸脱があったことを主張しているものの、楽天モバイルは客観的事実を示す証拠とは程遠い事実を歪曲したとんでも回答を提出してくる始末。首都圏青年ユニオンは雇い止めの撤回と職

『シフト制労働黒書』を発表しました

新型コロナ禍では、「補償なし休業」の被害に多くの非正規労働者があっており、青年ユニオンでも様々な取り組みをしてきました。その取り組みの中から、「シフト制労働」という働かせ方が非正規労働者の休業補償の障害となっていることが見えてきました。そこで、青年ユニオンと青年ユニオン顧問弁護団は、シフト制労働の問題点とその規制の方向性を提案するため、『シフト制労働黒書』を作成し、5月6日記者会見にて発表しました