ラーメン店一風堂に休業手当を求める

「飲食店ユニオン」は、2021年1月13日記者会見を開き、大手ラーメンチェーン「一風堂」の運営会社に対して休業手当の支払いを求めて団体交渉を申し入れました。

昨年4月から大企業の非正規労働者で休業補償されないという相談は尽きません。今回の時短要請下でも、無補償シフトカットが行われています。

特に飲食は8割が非正規。非正規労働者が業界を支え、社会を支えています。補償はあって然るべきです。 「一風堂」は全アルバイトに休業補償を行うべきです。

雇用調整助成金による助成率は、大企業飲食も100%に引き上げられました。しかし、一風堂のように、「シフトが未確定だった分はそもそも休業扱いにならない」などと言って休業手当を払わない企業があとを絶ちません。

また、労働者が直接申請できる「休業支援金」は、大企業労働者が対象外とされています。

飲食店ユニオンでは、会社に支払いを求めると同時に、非正規労働者にも休業補償が届くよう、厚労省にも制度拡張を要請しています。


<報道>いずれも2021年1月13日付

・弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/c_5/n_12324/

・NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210113/k10012812131000.html

・朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASP1F5SVGP1FULFA00B.html

・テレ朝ニュース

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000203956.html


写真はテレ朝ニュースより


最新記事

すべて表示

木村屋本店などを運営する株式会社KIDSとの団体交渉について 〜賃金100 %の休業補償を獲得しました〜

現在、首都圏青年ユニオンの学生分会である「学生ユニオン」の組合員が、「木村屋本店」などの飲食店を運営する株式会社KIDSに対して、学生アルバイトへの休業補償を求めて団体交渉に取り組んでいます。 学生アルバイトが休業補償から排除!? 本件では、特に学生アルバイトが休業補償から排除されているというポイントが問題となりました。 団体交渉において、「なぜ学生アルバイトには休業補償を行わないのか」と質問した

unionlogo-kihon2.png
「首都圏青年ユニオンを支える会」に入会しませんか?

低所得労働者を組合員とするため組合費収入が不十分になりがちな青年ユニオンは「支える会」からの財政支援に支えられています。「青年ユニオンの活動を応援したい」という方、ぜひ入会をご検討下さい。会費は1口年間6000円です。

〒170-0005

東京都豊島区南大塚2-33-10

東京労働会館5F 公共一般労組内

E-mail union@seinen-u.org

TEL 03-5395-5359

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

©首都圏青年ユニオン All Rights Reserved