休業支援金に関する厚労省要請

休業手当が支払われない人に1日、1万1100円を上限に賃金の8割を直接支給する国の「休業支援金」について、青年ユニオンでは期間延長を求め、21年1月21日に厚生労働省に要請を行いました。

NHKニュースで報道されました(下記、21年1月21日)。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210121/k10012826081000.html


そして、そうした延長を求める声をうけ、2月末とされていた休業支援金の申請期限が「緊急事態宣言が解除された翌月末まで」に延長されました。

https://www3.nhk.or.jp/.../20210124/k10012830291000.html

(NHKニュース、21年1月24日)


とはいえ、中小企業で働く人に限定され、大企業のパート、アルバイト、シフト労働者などが休業補償から漏れている問題が依然としてあります。

ユニオンはひきつづき支援強化を訴えていきます。


写真はNHKニュースより


最新記事

すべて表示

木村屋本店などを運営する株式会社KIDSとの団体交渉について 〜賃金100 %の休業補償を獲得しました〜

現在、首都圏青年ユニオンの学生分会である「学生ユニオン」の組合員が、「木村屋本店」などの飲食店を運営する株式会社KIDSに対して、学生アルバイトへの休業補償を求めて団体交渉に取り組んでいます。 学生アルバイトが休業補償から排除!? 本件では、特に学生アルバイトが休業補償から排除されているというポイントが問題となりました。 団体交渉において、「なぜ学生アルバイトには休業補償を行わないのか」と質問した

unionlogo-kihon2.png
「首都圏青年ユニオンを支える会」に入会しませんか?

低所得労働者を組合員とするため組合費収入が不十分になりがちな青年ユニオンは「支える会」からの財政支援に支えられています。「青年ユニオンの活動を応援したい」という方、ぜひ入会をご検討下さい。会費は1口年間6000円です。

〒170-0005

東京都豊島区南大塚2-33-10

東京労働会館5F 公共一般労組内

E-mail union@seinen-u.org

TEL 03-5395-5359

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

©首都圏青年ユニオン All Rights Reserved