新型コロナ災害緊急アクション、国に支援強化を要請

4月16日、「新型コロナ災害緊急アクション」が国に要請しました。

これは、新型コロナウイルスの感染拡大で困窮する人たちが増えていることから、20団体が共同で、支援の強化を求める要望書を国に提出したものです。

青年ユニオンからも原田委員長が参加しました。

(1)生活保護、(2)居住、(3)雇用と労働と外国人、(4)障害者、(5)学生と奨学金など各分野から要望を出しました。


青年ユニオンからは、雇用調整助成金制度を、企業がなかなか申請したがらない問題などについて改善を求めました。


雇用調整助成金は、「経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一次的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に」国から企業に対して支給されるものです。

雇用調整助成金を使うとどうなるのでしょうか?

コロナウイルスの影響を理由として従業員を休ませた企業が、従業員を休ませた分の給与を休業手当として従業員に支払った場合、その一部が助成金として支給されます。

(中小企業で解雇を行わない場合90%、解雇を行った中小企業では80%です。)


給与の全額補償を企業に求めていくために、この制度をより企業に利用させることが求められます。


16日の要請の全容は、下記「新型コロナ災害緊急アクション」のサイトにまとめられています。

https://corona-kinkyu-action.com/2020/04/17/4-16%e3%80%80%e7%b7%8a%e6%80%a5%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e8%a6%81%e8%ab%8b%e3%83%bb%e7%9c%81%e5%ba%81%e4%ba%a4%e6%b8%89%e3%81%ae%e5%a0%b1%e5%91%8a/


NHKによる報道

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012391191000.html


画像はNHKの報道映像より


最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス禍の休校・休園等や子どものコロナ感染等に伴う子育て負担の増大に悩む労働者の方々へ

長引くコロナ禍で、子どもの通う学校や保育園などの施設の休校・休園や、子どものコロナ感染・濃厚接触者認定等で子育て負担が増大するなか、多くの労働者が、子育てと仕事の狭間で不安に直面していると思います。 ユニオンでは、コロナ禍で仕事と育児の狭間で悩む労働者への支援を行っています。また、賃金補償や助成金制度の活用を求め、会社との交渉も行っています。 ユニオンを通して出来る事として、例えば下記のような例が

派遣をモノ同然に返品する楽天モバイルとアデコ のとんでも雇い止め理由!大企業2社の醜い罪のなすりつけ合い。

組合員は大手派遣会社アデコ株式会社 の登録型派遣として楽天モバイル株式会社購買部へ派遣されて1年と半年を迎えようとしていた2021年2月、アデコより 3月で雇い止めとの通知を受けました。雇い止めの理由にコニュニケーションの問題とルール逸脱があったことを主張しているものの、楽天モバイルは客観的事実を示す証拠とは程遠い事実を歪曲したとんでも回答を提出してくる始末。首都圏青年ユニオンは雇い止めの撤回と職

『シフト制労働黒書』を発表しました

新型コロナ禍では、「補償なし休業」の被害に多くの非正規労働者があっており、青年ユニオンでも様々な取り組みをしてきました。その取り組みの中から、「シフト制労働」という働かせ方が非正規労働者の休業補償の障害となっていることが見えてきました。そこで、青年ユニオンと青年ユニオン顧問弁護団は、シフト制労働の問題点とその規制の方向性を提案するため、『シフト制労働黒書』を作成し、5月6日記者会見にて発表しました