新型コロナ禍で解雇されたカフェ店員、解雇撤回を勝ち取る!

◆カフェ店員、解雇撤回・復職を勝ち取る

 とあるカフェ・チェーンで働いていたアルバイトAさんは、4月から店舗休業でシフトに一切入れなくなり、その後5月末に解雇されました。また4月の休業については休業手当として1日2000円ちょっとが支払われましたが、5月分の休業手当は一切支払われませんでした。休業手当の支払いを求めても、「支払い義務はない」として支払われませんでした。

大きな生活不安を感じたAさんは、飲食店ユニオンに相談した後に加入し、解雇撤回と休業手当の支払いを求めて団体交渉しました。その結果、解雇撤回・復職と、復職までの期間についての通常給与全額の休業手当(1日約6500円)を勝ち取りました。現在、復職にあたっての細かな条件について交渉しているところです。

◆解雇・雇い止めの相談急増

 新型コロナの影響が長く続き、最近になって解雇・雇い止めの相談が増え始めています。労働者が何も言わなければ、企業は安易に解雇・雇い止めを行いコストカットをはかるでしょう。ユニオンを使えば、安易な解雇・雇い止めの撤回を求めて交渉し、場合によってはその撤回を勝ち取ることも可能です。富士そばで働くアルバイトも、退職の危機に見舞われましたが、ユニオンの交渉によって雇用維持を勝ち取りました。

「企業も大変だし仕方がない」そう思う前に、一度ご相談いただければと思います。

最新記事

すべて表示

2022年3月30日から4月13日までの2週間、「コロナ禍での子育て・働き方アンケート2022」というネットアンケートを実施し、96件の回答が寄せられました。ご回答いただいた皆様、ありがとうございました。以下、このアンケート結果速報の報告をしたいと思います。 ◆回答者の属性 まず、回答者の属性を見てみましょう。回答者のうち「母親」であると答えた人は84%、「父親」14%、「その他」2%でした。お子