top of page

新型コロナ禍で解雇されたカフェ店員、解雇撤回を勝ち取る!

◆カフェ店員、解雇撤回・復職を勝ち取る

 とあるカフェ・チェーンで働いていたアルバイトAさんは、4月から店舗休業でシフトに一切入れなくなり、その後5月末に解雇されました。また4月の休業については休業手当として1日2000円ちょっとが支払われましたが、5月分の休業手当は一切支払われませんでした。休業手当の支払いを求めても、「支払い義務はない」として支払われませんでした。

大きな生活不安を感じたAさんは、飲食店ユニオンに相談した後に加入し、解雇撤回と休業手当の支払いを求めて団体交渉しました。その結果、解雇撤回・復職と、復職までの期間についての通常給与全額の休業手当(1日約6500円)を勝ち取りました。現在、復職にあたっての細かな条件について交渉しているところです。

◆解雇・雇い止めの相談急増

 新型コロナの影響が長く続き、最近になって解雇・雇い止めの相談が増え始めています。労働者が何も言わなければ、企業は安易に解雇・雇い止めを行いコストカットをはかるでしょう。ユニオンを使えば、安易な解雇・雇い止めの撤回を求めて交渉し、場合によってはその撤回を勝ち取ることも可能です。富士そばで働くアルバイトも、退職の危機に見舞われましたが、ユニオンの交渉によって雇用維持を勝ち取りました。

「企業も大変だし仕方がない」そう思う前に、一度ご相談いただければと思います。

最新記事

すべて表示

TCL社パワハラ・休職期間満了雇用打切り事件の東京地裁判決を歓迎するとともにTCL社に対し控訴断念と速やかな謝罪及び全体解決を求める声明

TCL社パワハラ・休職期間満了雇用打切り事件の東京地裁判決を歓迎するとともにTCL社に対し控訴断念と速やかな謝罪及び全体解決を求める声明 2023年12月17日 東京公務公共一般労働組合青年一般支部(首都圏青年ユニオン) 同ユニオン顧問弁護団 1,2023年12月7日、東京地裁民事第19部(小原一人裁判長ほか)は、TCL社パワハラ・休職期間満了雇用打切り事件(以下、「本件」という。)において、判決

Comments


bottom of page