無免許美容師を指摘したら解雇 再三の団体交渉申し入れを黙殺する悪質ヘアサロン プレシャスインプレッション





最新記事

すべて表示

昨年、11月30日に、つけ麺・ラーメン店の「お茶の水、大勝軒」(以下、「お茶の水店」 現在は閉店中)、「大塚 大勝軒」(以下、「大塚店」)、「お茶の水、大勝軒BRANCHING」、「大勝軒next 勝浦ビーチ店」、「山ノ内 大勝軒」を運営する「株式会社大勝軒TOKYO」に対して、組合員が裁判を提訴しました。社長の田内川真介氏は、創業者のレシピを引き継いだと宣伝し、メディアにも多く露出しています。

2022年2月25日に、(株)大勝軒TOKYOとの裁判の、第2回期日がありました。当ユニオンの組合員が、同社に対して未払い残業代と、社長による暴力行為などがあったとして慰謝料を請求しています。 原告側の主張に対して、被告((株)大勝軒TOKYO)は全面的に否認しています。内容は原告は「管理監督者」(別途、詳しい記事を掲載します)だから残業代を支払う必要はない。また仮に「管理監督者」にあたらないにし