• Facebook
  • Twitter
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram

「休業支援金」を申請しよう

1.「休業支援金」とは

休業支援金とは、正しくは「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」と言い、新型コロナの影響で仕事が休みになった場合に、企業から休業補償を受け取れない労働者が国に直接休業補償を申請できる制度です。シフト制や日々雇用、偽装業務委託など、不規則・不安定な働き方の方でも使えます。

 

​しかし、原則的に、勤めている企業が申請者に「休業を命じた」と証明しなければ支給されない仕組みになっています。つまり、企業の協力が必要なのです。青年ユニオンが要請を繰り返した結果、昨年10月30日からは、企業の協力がなくても、給与明細などで収入の減少が客観的に証明できれば支給されることとなりましたが、それでも、企業協力があるとないとでは、支給の可能性が違います。

​また、そもそも、申請手続きが複雑すぎてよくわからないという相談も多く寄せられています。

【申請書類・申請方法】

 厚生労働省HP→https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html#shinsei

 ※わからない点はメール(union@seinen-u.org)でご相談ください。

​2.ユニオンと一緒に休業支援金を使おう

青年ユニオンは、休業支援金の申請支援を行っています。毎週火曜日・金曜日のホットラインや、メール(いつでも)の相談では、申請手続きの詳しいを説明をすることができます。

 

さらに、組合員になっていただければ、申請協力を求めて企業と交渉したり、企業の協力がない場合にも行政に対する説明文の作成支援をしたりと、より効果的な支援が可能です。​シフト制、業務委託、マネキンなど、一見申請が難しそうな働き方でも、ユニオンと一緒に申請を行うことで支給された事例が多くあります。

​3.休業支援金の支給事例

以下では、支給された組合員の事例ブログや休業支援金関係の活動をまとめています。​是非、ご参照ください。