大手精密機器メーカーでコロナ争議発生。非正規労働者が一方的に労働時間削減される!?

 某大手精密機器メーカーの特例子会社で、コロナウイルスの影響により労働時間を一方的に短縮されるという不利益が発生しています。


 特例子会社で働く障害者雇用の組合員らは、1年雇用・フルタイムの非正規労働者で働いていますが、所定の終業時刻が17時半であるところ、政府からの要請を受け、通勤ラッシュを避けるためという理由で3月1日より、17時に仕事を切り上げるよう指示がありました。


「通勤ラッシュを避けるため」ということ自体は良いのですが、問題は労働時間の短縮

により賃金が減ってしまうことです。30分だけの労働時間削減とはいえ、月額にすると1万円以上の賃下げとなってしまいます。組合員らは最低賃金に近い時給(時給1100円:東京の最低賃金は1013円)で働かされており、低い収入の中で、ギリギリの生活を送っている状況です。1万円の減額は生活に関わる問題なのです。

コロナウイルス対策を行うことを否定しているわけではありません。そのコストを労働者に一方的に負わせることが問題なのです。首都圏青年ユニオンでは、このコロナウイルスを理由とした一方的な労働時間短縮(賃金引き下げ)に対して、きっちり協議をするよう会社に団体交渉を申し入れしました。


 コロナウイルスの影響で、パートやアルバイト労働者から「労働時間を短縮された」「シフトカットされた」などの相談が多く寄せられています。労働組合の権利を使えば、受けた不利益を回復する可能性も多いにあります。一緒に声をあげましょう。

最新記事

すべて表示

東横インは、パート労働者に十分な休業補償を行え!―労基法の欠陥を象徴する東横イン争議―

東横インで働くパート労働者のAさんは新型コロナ禍で大幅なシフトカットを受け、会社から休業手当を支払われましたが、その休業手当の金額は非常に低い水準であり、生活困難に陥りました。Aさんは首都圏青年ユニオンに加入し、東横インに対して通常賃金10割の休業補償を行うよう要求しました。この争議は、労基法の休業手当の定めの不十分さを象徴するものでもあり、首都圏青年ユニオンは東横インとの争議と併せて、労基法改正

休業支援金・小学校休業等対応助成金のリーフレットを作成しました!

首都圏青年ユニオンは、休業支援金(「新型コロナウイルス感染症等対応休業支援金・給付金」)や、小学校休業等対応助成金について、国への制度改善の要請や労働者の申請支援の取り組みを行ってきましたが、この度、申請・受給事例や制度説明などを掲載した当事者向けのリーフレットを作成しました。 コロナ禍でシフトが減ってしまった、子どもの世話の為に仕事を休まなくてはならず賃金が減ってしまうといった方々、休業支援金や

コロナ感染疑いで保育園を休んだ子どもの世話のために仕事を休んだパート労働者、企業から全額の賃金補償獲得!!

2人の子どもを育てながらパートとして働くAさんは、保育園から子どもの1人が38度を超える発熱をしているとの連絡を受け、すぐに迎えに行きました。ここの保育園では、同居家族に37.5度以上の発熱者がいる場合、登園禁止となるため、同じ保育園に通っているもう1人の子どもも家にいなければならなくなりました。2人の子どもが保育園に行けず家にいることになり、Aさんはやむなく仕事を休みました。 このような場合でも